電気商品の長所と短所を紹介します

図面や書類等の紙情報の電子化には、長所と短所があります。電子媒体には、紙媒体に無い利便性もありますが、決定的に紙のほうが優れている点もあります。

長所

1.パソコンで管理できる標準フォーマット(TIFF)の採用でデータ交換が可能です。

2.膨大な情報を迅速にしかも的確に検索できます。

3.図庫などの保管スペースが少なくてすみます。

4.紛失が発生しても完全な複製をバックアップしておけば安心です。

5.データの劣化がありません。

6.複写が容易にできます。

7.個人が管理している情報を共有化できます。

8.担当者不在の場合でも、別の人が業務を処理できます。

9.遠隔地へデータを転送できます。

10.人的災害や自然災害のリスク回避が容易です。

11.紙を使わない為、環境にやさしいです。

短所

1.パソコンがないと管理できません。

2.パソコンを使える人がいないと管理できません。

3.目視での確認が困難です。

4.データベースが無い場合、膨大なファイルの中から1ファイルを探すことが困難です。

5.複雑すぎるデータベースを構築していますと検索しにくい場合があります。

6.パソコンはトラブルを起こしやすく、システムは常に正しく動くものとは限りません。

7.セキュリティーは重要で大変な問題です。

8.完全な複製を容易に作ることが出来ます。

9.ファイル形式によっては、改ざんが容易にできます。

10.長期保存の場合、メディア自体が劣化し完全に読めなくなる場合があります。

11.データの互換性がなくなる場合があります。