どの電子商品都市で最も人に病気になりやすいですか?

内務省の統計を発見して、2011年に台灣にゼロ歳の平均余命両性を79.16歳、2010年より減少0 . 02歳.減少幅は一見多くなくて、これは2005年以来、中国人の平均余命初めて逆戻り.

10大大死因、七項と慢性病について

なんか寿命が短くなってきましたか?慢性病で国人の寿命を奪うことと言える.2011年10大死因、ガン、心臓血管疾病、高血圧、糖尿病などを含む、7項と慢性疾患について.

は遺伝以外、生活習慣と居住環境の影響慢性病に影響することができて慢性病に影響する.もし生活衛生安全、空気の品質を提供すると飲み水、食べ物、きれいに運動して、しかも重視疾病予防筛检の都市で、多くの病も実は避けられ、人々の健康に老化.

人々が生まれ、生活や仕事の社会環境、健康や病気、長寿や短命の最も重要な世界保健機関(WHO)秘書長陈冯富珍指摘.2005年、WHOは健康社会の決定要因委員会を設立、3年後に期末報告、環境は、病気や寿命の増減に最も重要な要因となっている.

しかし、都市人口稠密に色々な問題になる、脅威に健康の一大内憂.

淡江大学助教授の郑晃二表示、な人口集中都市を私たちが直面する多くの社会、衛生や生態問題を含め、人口密度が高く、交通渋滯、生態環境汚染、居住環境は悪化し、甚だしきに至っては暴力を傷つけるなど
.

を社会生活、生活の健康づくりが,電子商品、何かの社会には、どんな人民台灣大学健康政策と管理研究所教授は指摘江东亮、社会は人民が健康かどうかの指標は、健康の決定要因は医療ではなく、環環境と生活.

このため、どのように健康を創造して、人の病気の都市を創造することが、全世界が直面する重要な課題に直面して、これは台灣も例外ではありません.

五片イチョウの葉が都市:嘉義市、台北市、宜蘭県,台南市、高雄市

康健を2012年の健康都市大調査で、健康、生活形態の現況を経由して、友好的環境と政策執行四大に向け、全31項主客観的指標、選考一番難しい病気の都市,ほしい県政府の優位性を身につけ、ねじり劣勢、民衆がもっと健康.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です