生態田園スタ電子商品イルが流行している

多くの人はすべて設計は概念を遊んでいると思って、実はそうではなくて,設計と設計して装飾がない効果が明らかに異なっています.2009年の内装デザインも続ける簡潔明快なを基調とし、個性的なより顕著、生態田園スタイルが徐々に流行、アクセサリー工程化は新たな傾向.自然の元素 多く溶け込ん飾りにつれ徐々に生態、環境保護を重視して、多くの人は内装デザインにおいても重視した住宅の生態環境、そしてエコ緑色の建築材料の製品の多くが、同じく生態の概念は内装の各領域.今、人々はすでにもう目をわずかに滯在していないか材料ホルムアルデヒド、ベンゼンなどの有害ガスで、部屋の換気度、透明感などの健康の空間の設計を重視するも、デザイナーの設計には特に、空間の通風、室内の緑色植物が置かれ、室内外の空間拡張性などの要素を考慮に入れて.人々は自然への渇望がますます強烈になり、多くの人は家ではなく、家の中に何かの花を、より多くの、より豊かに、より多くの自然な自然的な風情を追求している.峰光無限デザイナー杨帆は紹介して、現在が居室内の盆栽、築山、池の所有者が増え、または専門設置エリアを置いていくつかの流水風車などのアクセサリー.この装飾デザインは完全に意味がない田園スタイルではないが、一部の要素が浸透している.今年、このスタイルは内装デザインの流行の主力となる.また、多くの家居アクセサリー店で、自然素材で例えば藤、麻、木などを作るの置物、器物主類、装飾材料に、靑い石板や砂利なども続々導入される復古材料家庭装飾、玉石、木の切り株、天然野面石、小型木造本植物などの庭の道具が、採光、照明など飾、玉石、木の切り株、天然野面石、小型木本植物などの庭の道具、採光、照明などと室内の自然に結合.簡潔な明快な;想像の空間がもっと多いハードカバー部屋の出現につれて、装飾、軽装飾、装飾という傾向がますます明らかになります.従来の内装デザイン、造形は普通は壁に固定するあるいは頂,電子商品、あまり変わりやすい、大幅に減少した家屋後期の変化の空間、数年後には時代遅れの感じで、だから先見の明の消費者を簡潔に軽快な設計手法.业之峰装飾会社のデザイナーと相談は元、簡潔な装飾は室内で使うように装飾と芸術の調度をつかむの2つのポイントで、その他の地方は1筆の持ったことがあって、簡単なら簡単なほどいい.だけでは今後の飾りに十分な余地を殘し、そしてさらに家庭に変化の情趣、このデザインの最大の特徴は消費者に十分な想像空間を殘しておく、家に殘して十分な弾性空間のトレンドを変えることによって任意.個性的  ;全体のスタイルに体現個性的な概念は内装デザインでよく取り上げられて、たくさんの内装デザインで,お客様の内装消費前には1つの比較的に成熟した装飾構想.东易日盛装飾会社のデザイナー张培、この構想を持って比較的に明らかに多くの個性化の需要、具体的表現.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です