足には長寿の電子商品命がある

体を機械にたとえるなら、足は動力のモーターだ.モーターが効かなくなって、機械が老化、稼働不良.人は老いた後、髪の毛が白くなって、皮膚がたるん、恐れていても足が不自由であることを恐れます.アメリカ『予防』誌がまとめた長寿の兆しに、脚部筋肉が力強いとぬっと.生活の中でも発見、長寿の老人はほとんどすべて履穏健、歩くことができて、風を歩く.そのため、両足を育て,電子商品、百歳の可能性は大きく向上している.全身のストレスは足の足をして人体の耐力壁に似ている.一人で50 %の骨と50 %の筋肉とすべて2足の上で、人の一生で70 %の活動とエネルギーの消耗はすべてそれで完成する;人体の最大、最も丈夫な関節と骨もその中にある.人の若い時、大腿骨は1台の小型の骨が支えられて、膝は9倍に体重の圧力に耐えます;脚部筋肉も常に大地の引力と格闘して、緊張状態を保つ.だから、堅固な骨、丈夫な筋肉、柔軟性のある関節は1つの“鉄三角”が形成され、人体の最も主要な重さに耐えられていると言いました.」衛生部高齢医学研究所所長高芳堃元教授は言うことを釈明して.両足は体の交通の中枢にある.高芳堃、両足が人体の50%の神経、50%の血管の流れが50%の血液は、接続の組織体大循環.北京老人病院漢方科主任刘德泉教授は足の健康は、経絡伝導が開通、血気がうまく運ばれた各器官で、特に心臓や消化係統.脚部の筋肉の強い人はきっと1粒の力強い心臓がある.これから、アメリカの科学者は、歩く人の健康状態を、歩いていると判断していると考えます.もし70歳~79歳の老人、一度は歩行約400メートル、健康な場合は少なくとも彼は彼に多い6年の6年ができることを説明します.老人は歩くたびに長く、速度は速くなり、歩くほど楽になり、その寿命は長くなる.$ { FDPageBreak }老衰足からから諺によると:木老根先に枯れて、人の古い足は先に衰え.人の古い後、足と脳間の命令の精度と伝導速度はすべて低下して、若い時ほどの暗黙の暗黙の呼吸があります.中国の漢方医の科学院の西苑病院の高齢医学研究所裴卉博士は言うことを釈明して、生まれてから亡くなるまで足を刻々と仕事を保護することに注意しなければ、自然と老朽化.アメリカ政府の高齢者問題の専門家夏克医師は、にじゅう歳から始めなければならず、積極的に運動して,毎じゅう年可能喪失5%の筋肉組織.また、骨の中に「鉄筋というカルシウムも流失し、人の骨は関節,特に、骨関節と膝関節が問題、例えば転倒骨折.高芳堃表示、老人は骨折を招きやすい大腿骨頭壊死、長期は床について、続いて引き起こす褥瘡、尿路結石などの合併症、甚だしきに至っては脳血栓.15 %の病人が骨折して1年以内に死亡.でも、人の古い足の先覚者、足の老化はとても早い可能性が現れて、数位の専門家は注意して、注意した:".

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です