「家飯」も食べ物中毒?6道の電子商品調理安全線

アメリカ疾病予防制御センター調査の発見、生活中1/4の食品中毒は自家料理の食.そのため、栄養科専門家はこれに対して説明し、給食のおばさんたちに教える料理にろく道セーフティロック.予防線1:新鮮な食材は順番に家で煮炊き、最も重要なのは食材が新鮮で、だから、帰りの野菜、魚肉などを買うべきであるべきで、食材を処理するのも一定の順序を押して.いち、洗い果物、ウリ、葉菜、根莖種類の野菜を洗って、ウリの靑果が小さいブラシで皮刷きれいので、瓜皮の細菌が容易で靑果切開時の内部汚染.豚牛や羊や家に、洗浄鳥肉;さん、交差汚染を避けるために、最後にやっとは最も簡単に汚染された魚、貝など水産類.tips腐敗しやすい食品、例えば水分含有量の高い成分や栄養豊富で未殺菌加工の肉類、魚類、家禽類、野菜、果物、卵、乳製品など.この食品は早く処理し終わった後に冷蔵庫に入れて冷蔵.予防線2:違う食材に接触して、まめに手を洗って統計によると、ほとんどの食品中毒は食べ物を処理する時、厨子は手を洗うことがなくて、厨子ます.専門家は、食材に触れる前に手洗い、生熟食材と違う種類の食材を処理することで、手を洗うことを覚えています.生食品又は食品原料に接触した後(豚肉または生家禽製品)は手洗い、また、また、調理済み食品を触って、この期間中に食べ物を汚染しやすい.料理の過程の中で、次の場合に徹底的に手洗い――(いち)から食べ物を前に接触(2)に排泄後;(さん)接触生肉、卵,野菜と不潔な食器、器の後、(よんしよ)休憩、電話や料理をする間に行くからして別の事で、例えば床など.予防線さん:一度だけ処理料理かどうかという習慣習慣料理か――使い捨てに料理の食材でも選択がよくて、洗って,電子商品、ちょうどよくまな板切った肉、更に蛇口衝をして、また準備切り魚、野菜を切ることを洗って、忘れたまな板、一度性をすべて食材でもうまく処理する.実は、食材には細菌、微生物の交差汚染が容易になりやすいということです.たとえば淡水魚、淡水エビはよく肝吸虫の生き子嚢幼虫を帯び、生魚の刀やまないたを使った食べ物や、生生魚の器を使ったもので、生うつわも感染しています
.料理の過程で、このようにする——1、1回の料理を1回処理することを処理することを提案します.魚と魚と、魚とすべての具を一括処理して、この料理を仕上げ、叩き台を真剣に洗って別の料理を作って.また、料理の過程で、生熟する食品は生食品の汚染を受けて、同じ1つの俎板を使用して生肉と熟食品を処理することを使用しません.2、生肉や未はらすな食材を直接池や竈に入れて、容器を入れ、他の食品を汚染することを避ける.生肉の容器をきれいにすると火食に盛り付け.予防線4:まな板、ぞうきんはすぐに洗浄して鍋の食器を洗います誰でも,しかし雑巾とまな板、多くの人にとって、多くの人は.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です