ロブ麻叶電子商品効果と応用

性質としては、甘、苦しみ、涼平.肝に帰する.効果を抑制する肝陽を加え、利尿.眩暈1 .眩暈.本味わう苦しみ性は涼しくて、もっぱら入肝経は、抑制する肝臓の陽の功は、清泻肝熱の効果を治療することができ、故肝臓の陽の上で亢やかんしゃく攻め上ってくるのが、イライラ不眠など.本品は単独で有効で、煎じ汁世代のお茶を浸してあるいは湯、もと牡蛎、アワビ、赭土と同じで、治肝臓の陽の上で亢の眩暈と钩藤なら、プルーネラ野菊などを配合し、宜治癇癪攻め上ってくるのが.2
.浮腫、小便は不利です.本品は、良好な熱を下げ、利尿作用があって、治水腫、小便不利で熱い者は、単独で取り効果、または配合車前子、アケビ、チョレイと同じで、たくしゃ.高血圧治療病気で①毎日ロブ麻叶いち~に金湯泡茶を飲むとき;あるいは朝晩時限煎じて飲む.共に治596例のうち,単独でロブ麻叶169例;他降圧薬の効果が不安定に切り替えバシクルモン、または降圧薬とバシクルモンと使って、血圧が下がってある程度まで更にバシクルモン強固者計427例.結果は症状が消えたりが大幅に軽減者254例、軽減212例;その中の血圧が下がってから140ミリ/きゅうじゅう水銀柱以下の者は143人、収縮圧や拡張期血圧低下にじゅうミリ水銀柱268人以上の者.能率は88.59%.薬を飲む時間が長ければ長いほどは効果が高いほど、半年が過ぎたが93.3%;しかしバシクルモンの効果は明らかに関係ないと病気の経過の長さ.は頭痛、めまい、脳は膨れて、不眠の多い夢とむくみが良いの緩和に作用この薬はⅠ,電子商品、Ⅱ期の患者がふさわしい、または治療としては高血圧症の補助剤、症状改善が良い治療効果.副作用が多いのは腸、下痢、偶然に胃痛、食欲がなくて、口が、口の苦しみ、個別が喘息や肝臓痛.②心不全を治療乾燥バシクルモン根(みじん切り)ご金(約じゅうろくグラム)、水300 ml程度、液体に浸してじゅうに時間後弱火でいち時間、冷却ろ過、濾液約200ミリリットル入り尼泊金エステル少々、すなわちで80%の煎剤.凡そⅡ度やⅢ度うっ血性心は衰えて患者の入院後に煎剤毎回ひゃくミリリットル、日服に度.心拍数は70~80度~80度で、維持量、毎日1回、毎回50ミリリットルぐらい.観察慢性充血性心不全患者ごじゅう例は、薬の後さん~ご日から強い心の効果分析結果卓効(症状、体が軽くなり、心拍は遅くまで正常範囲)が31例、有効(症状、体が一定の改善、心拍数が遅くない正常)じゅうろく例、無効さんの例.3日の心の率は徐々に80回以下、最も速い薬は2回後に正常に下がって、最も遅い者は5日は正常に下がって正常です.正常後まで下がって、他の症状は、体のように心は衰えても好転してあるいは明らかに消え.その後は切り返しに切り返して量を維持する.部分の患者に薬の後,心電図が毛地黄効果を変えよS-T段、斜行に低下し、T波前と融合.副作用と毒性反応:主に消化道の面、吐き気、下痢が最多となる;.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です