過去電子商品に書く

時間は本当に過ぎるのが老快老速かった、これらの日のわけがわからないの分かるように多くの道理、突然自分を感じて大きくなったけど、考えても決定書くに私のこの過ぎ去った2013年でしょう.

一年、楽しくあり、楽しい、悲しみ、苦しみもある.この一年、私は多くの多くを失うことができて、しかし、よく収穫して、ちょうどあるものはきっとある.この年、この年、とても順調ではありませんて、しかしとても楽しい;とても忙しくて、しかしとても充実しています.言いたくて、言いたくて、総も1つの適当な考えが探し出せません.深く脳皮質下のあれらのわずかな滴っにやきつけことしかいない.

また1つの年ここで歩いてきました.他人や自分に起こった事、それは私たちの心に書かれている、ということで,電子商品、私たちの心の中には、すべての人が、私たちの心の中には、私たちの心の中には、されていない.私たちはどんな目で、より遠くの将来、自分の長い道を見つけることができますか?

私は知らないでどのように説明してこれらがキャンパスから離れるの私たちは、元の音に聞こえた天国ドラムが、ただ舞い散りに人間の小さな贈り物、雪が降って、下、積もりました、最後に化し、人間は人間.足を踏まれた足跡は,あなたが道を見失う過程.

靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春靑春.

一つまた一つ年を経ちましたが、スパンは大きくありませんて、一年内に発生することが多く、若い彼らを失う翠の汁、全体の都市はまた新しいのに換えた流行させ、多すぎる後悔が追いかけるにくいそれぞれ校庭から出た人に忘れ彼は当時その枚記純白の顔.告白の暖くがあれば、悲報の水もある、私たちほとんど事細か琢磨の時、新しい変化はまた来、古い傷口を治療して、新たな傷跡がまた追加しました.

どうして前のように時間を長く引っ張って長くて、最後に1枚のネットは自分で置いて自分を入れます.なぜ悪いことはいつまでも絶えないで、私達は唯一してただあれらの記憶の中の冬に無際限の偲ぶをすることしかできないのです.まるで無力の希望をいくつかの庇護がまた人から借りる.

誰もが私たちをかばっていなかった.

私たちは冬に最も遠くのところ、私たち以外の発見、記憶の外、何も永久に永久に.

友情、少しの愛慕、崇拝.私たちの目の前で数年の距離を越して、そのために涙を使って拡大して、私達にもっとはっきりさせる.愛情、その過去か、覚えていて、少しも覚えていない、覚えてる、すべてが刺さる体や深い或いは薄先の刺、注意している私たちは、戻れない戻らない、届かない冬、いつまでたっても来ない.多分、私は正しい,離れることは最良の選択で、すべての距離の遠く離れていくことができることを望んでいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です