わけが電子商品わからない

Pは、許さない、放念ない、今振り返ると、今は何度でも.多くの文字に悲しみ、今はすでに思い出の憂いと悲しみの原因.もう思い出のないこと、忘れてしまって、そのとき小さくした感慨と、心が心頭、まるで前の前に……

私は成長して、文字も私と一緒に成長し、何か、何か、何か、何か、生活の影か……

似水流年持っていったのかもしれない、時間だけではなく、多くのかつての傷ともう思い出したくないの思い出.

P、歳月の中で、**変転した後、角、心は痛みをもてあまして仕方がない.

Pはいつ、ときには無力とたじろぐがあると感じて.

これは成長過程に重要な直面する痛みでしょう……耐えたくない、逃げることができない.

1度は初めての接触という言葉のユートピアを覚えているときは、その存在に対しては疑いがある.大きくなった、たくさんの、経験が多く、痛みも分かった、ユートピアは確かに存在して、心の中で一番きれいなところで.私のユートピア,愛の私の愛の家族、恋人、友達、健康無事,電子商品、これで十分です.

この世界にはないと思うが、この世界には……自分でも自分でも、強いことや、冷ややかな姿を、自分で工夫しないように、自分で工夫を凝らして.武夫の韶である韶は多くの若い人の清浄に消えて、どの1刻から自分が偽装を始めることを始めて、負傷したふりをするのは気にかけて、人は後1人密かに涙を流して……負傷後、1人の瀋黙が好きで、論争に行かない、どうして.多くの時、自分の無神経に怒って、他人に対して無厘頭の非難を、知っているのにはり鰻に轡を掛ける、なんと鷸の看経んと反論、実は当時の根本ではどう反応しなかったです.ほほほ、今考える時反応して来てから自分の生むれるて、しかしいくつも必要ないけんかを避けました.多くの事は事なかれ.

この町で3年余り生活して、時々寂しさを感じます.ある人は寂しさがあって、ある人は寂しいのは思って、私は多くの時私の寂しさは後者に属することだと思っています.ある時私はそう簡単に満足して、小さい1つの話、1音のひと言は世界にどこにもいないで春春暖の温かみ、時には、またそれに満足していない、.満足されていないことは、大切にすることができますか?

もう幻想的な年齢、静かな空間に、自分は窓の外、空はぼんやりと、自分が欲しい未来、簡単に充実しています……花屋に行って自分の好きな花、絢爛の,しぶいのを売りたいと思って、私の好きなことは、私は好きで、家に帰って、花瓶に挿して、そしてソファーに腹ばい、日光に対してそれらの美しさを鑑賞します……家族と一緒に暮らしたい、毎日朝彼らに上へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です