電子商品防盗システムについて

現代、小売業の発展傾向は、もうもとのカウンター式から様々な開放式スーパーマーケット、公定価格百貨広場、倉庫貯蔵式の買い物クラブなどに変わっていて、開放して形式を採用する商品を陳列することになった。その目的は顧客と商品に近づいて、自由自在に気に入る商品を選ばせる。 こういう経営方式は直接に消費意欲を刺激でき、更に商品の売上高を増やすことができる。

しかし自選して市場の営業方式は大きな悩みをもたらした、それは多くな商品が盗まれた。ある大型デパートで、毎年のもの盗まれる金額とても深刻である。 有効に市場の盗まれる率を下げるため、現在、世界で普遍的に“電子商品防盗システム”(EAS)を使用した。 EASシステムは欧米などの国家でも普及の程度に達して、我が国現在、大部分の大型スーパーマーケットでこのシステムを使用された。

電子商品防盗システムの次の目標は、電子防盗システム使用した電子ラベルと一般製品のラベルは整合して、煩雑な手順を簡約化して、市場規模を拡大して、そして、新しい商品電子防盗商標を普及する。この商標は三合鋪1のラベルで、盗人を防いで、ブランド標識商品メンテナンスなどの機能を整備する。

電子商品防盗システムは最終的にパソコンの重要な周辺部品になって、なお、プログラミングによって完成できる。