教育に関連する電子商品の発展について

教育電子商品は既に携帯電話、乳製品、自動車潤滑油後、中国はまた一つの急速に民族ブランドを製造により、市場容量を開拓高成長業界になる。この業界は急速に出現と発展することが社会各界の関心を引きつける。新しい業界として、教育電子商品は業界にどんな発展を取ることができるか、社会各界の関心を払いホットな話題になる。

学生にとって勉強を補助する道具が必要で、この問題に対して、教育電子商品は(ELP)出現する時からずっと学生たちに満足と目標して、もう“テープレコーダー時代”(初代)、“復学機時代”(第2代)、“辞書ソフト時代”(第3代)、“映像教育用マイクロコンピューター時代” (第4代)という四代時代を経った。今、科学の発展につれて、 テープレコーダー、低い容量記憶媒体徐々に大衆の視線をフェードアウトした。私たち、電電子商品の毎回更迭することは深く科学技術発展の烙印を打つことが発見できる。 現代、学生タブレットPCは強大なマンマシンインタフェースパターン、マルチメディア化した勉強方式によって、兼ねて携えやすいと実用性を備えて、大人気がある。無論に伝統的電気を終結して、教育電子商品はタブレットPCをハードウェア基盤の第5代として発展な時期に入る。