中関村は“電子商品の通り”と別れ

中関村は今後3-5の間に転換することを完成すると計画して、既存の15万平方メートルの伝統的な電子の売り場はしだいに抜けるつもりだ。 先日、中関村の中核エリア(海淀区)は正式に“中関村の発展計画”を発表した。 すなわち、中関村が昔“パソコンを集めて携帯電話を売りる”という電子商品の売り場時代を別れになる、革新会社が集中するハイテクの根拠地で、つまり中国の“シリコンバレー”である。

80年代から、中関村が電子商品の通りとして出現し、有名になった。 30年を経って、中関村は時代につれて変えていた。今、斬新な姿で中国の科学発展を代表する。

長い間で、たぶん私たちすでに中関村が電子商品を売られてビルに占拠することに慣れてそれで、以前ここは我が国科学教育知力と人材資源の最も密集した地域であることを少しずつ忘れようになる。そして、約4割の中国科学院と中国工学院学士院会員がここで集まって、およそ3分の一の国家“863”プロジェクト、“973”プロジェクトと1000項近くの国家科学技術重大な特定項目を引き受ける。

今回の転換の中で、中関村のは創業要素集合化、主体多元化、創業サービス専門化、創業活動持続化、運営パターン市場化、創業資源開放化な発展構図を目標として、全面的に地区の総合的な生態環境を昇格する。

今後3ー5の間に、中関村は電子商品の通りという名を抜けて、さらに多くの科学技術を目指し、世界的有名な象徴になるかもしれません。