インドーー重要な電子商品センター

インド政府は中心が精密な、ハイテクの電子商品に転移つもり、努力してインドは中国以外の電子商品の製造センターとすることを目指す。

インドは強大な国内消費市場で、インド政府がいろいろな政策や措置を発表した。
それをきっかけに、多くな企業が惹きつけられ、ここに来て投資した。例えば、韓国サムスングループ、ドイツロバートボッシュ、日本電気と松下グループなどがある。電子部品、電気通信ネットワーク設備、LED、家電製品、自動車、太陽電池などの領域に及ぶ。また、インド政府はもう医療設備に対して海外直接投資が制限することを緩和して、医療設備領域で海外直接投資が占めて100%に達し、対外投資をこの領域へ流れ込むように許可する。

現在、インド政府は積極的に電子商品地元で生産ということを推進する。野心の盛んな“インド製造”という計画の中で、電子商品製造業が重要な意味がある。

現在、インド国内の電子商品は大量に輸入することに頼って、